自動トリム調整機

  • 投稿日:
  • by

みなさん、こんにちは!秋月です。

しつこいようですが(笑)昨日のサウザー&ステーサー&ウィザードの試乗会について少しだけ紹介させて頂きます。

私も今回の試乗会で全4艇を乗り比べさせて頂きました。

当日、試乗会に来れなかった方もいらっしゃいましたので、私の個人的な感想をご紹介させて頂きます。

【ウィザード375】

IMG_5727.JPG従来の12フィートのVハルとは1クラス上の性能を発揮するとメーカーさんのカタログに記載があります。(笑)

たしかにそうなんですが、私は12フィートのボートとWV-375では比較が違うように思います。走破性/安定性/プレーニングの速さ、確実にレベルが違います。

従来の12フィートボートの"一回り大きなサイズ"と思われがちですが、全てのパフォーマンスにおいて予想を超える驚きがこのボートにはありました。

試乗をご一緒させて頂いた方の驚きは一番大かったかも知れません。

【ステーサー440】

IMG_5741.JPG走りは、もはやアルミボートではないですね(笑)

たぶん、目をつぶって走ってみたら(危ないので絶対にやれませんが。)走破性の良い18フィートクラスのバスボートを運転している気になるのではないでしょうか??

それほど、快適に走行できます。アルミボートでは最強かも知れません。

【サウザー450】

IMG_5740.JPG安定性/走破はもちろんですが、なんと言ってもカッコイイです。

街をトレールするかっこよさ。釣りをしている時のかっこよさ。確実にモテるボートです。笑

また、細かい所まで気のきいたボートです。さすがはサウザーブランドです。

【サウザー425】

IMG_5751.JPG今年新しく発表されたサイズのボートです。

あと一息の調整で生産が開始されます。試乗させて頂いた状態では、まだ最高潮のパフォーマンスでありませんでした。それでも、さすがのパフォーマンスです。

船体の大きさはコンパクトボートながら広々としていて、収納も多く完備されています。

職人の最後のこだわり。最後の修正で120%のパフォーマンスになるそうです。個人的には今のままでもすごいのですが。。。(汗)

ボートは個々に様々な特性があります。実際に乗り比べると個性が良くわかります。またこのような試乗会ができれば、是非みなさんもご参加下さいませ。

さてさて、本日は前振りが長くなりましたが。。。笑

マーキュリーさんから気になる情報を仕入れましたんでご紹介します♪(話はいきなり変わりスイマセン。。。)

DSC00143.JPGマーキュリーさんからの新商品です。(まだ発売はされていません。)

こちらは「自動トリム調整機」です。←正式名称ではありません。

オプティマックスや4ストロークエンジンに搭載が可能なシステムで、トリムの調整を自動でコントロールできるアイテムです。

そもそもバスボートを走行するにはエンジンの角度を変えて走行しています。この調整を常にベストの角度にする事により、トップスピードまでの時間や燃費が変わります。

データーによりますと、バスボートに乗りなれている人が手動でトリムを操作するよりも、自動トリム調整機を使用した人のほうが、トップスピードまでの時間や燃費が良いそうです。

なりよりも、トリムを気にしないで走行するのは楽ですね。オートマの自動車のような感覚でボートが操船できる訳です。

今年中には発表/発売になるそうです。

「気になるぞ♪」なんて方は要チェックです。