ついに稼動。リチウムバッテリー。

  • 投稿日:
  • by

カーリング選手になりたい秋月です。

「ちょっと厚めのほうがいいかなー?」

「そだねー。」

「ヤップ、ヤップ」

「アッキー。ナイスー。」

こんな感じで言われたいですね。(笑)

さて、ついにリチウムバッテリーの販売を開始となりました。

bnr-llithium-battery.jpgそもそも「リチウムバッテリー」とはどんなバッテリーなのでしょうか?

リチウムバッテリーとはエネルギー密度が非常に高く、小型で大容量のバッテリーとして発展してきたバッテリーです。

現在ではスマホやノートパソコン等、電化製品のバッテリーにはリチウムバッテリーの存在は欠かせないバッテリーとなりました。

リチウムバッテリーのメリットとしては、軽い/寿命が長い/ハイパワー/低温時にも強いなどメリットの多いバッテリーなんです。

きっと、今後は自動車やバスボートでも一般的なバッテリーになるであろう近未来的な次世代バッテリーだと思います。

そんな次世代バッテリーはこんな感じのバッテリーです。ご覧下さい。

IMG_043812.JPGこちらはリチウムバッテリー12V60Aです。このバッテリーの重さは8.9kg (鉛バッテリーの12V80Aでは20.7kgです。)

8.9kgと言えば、生後7ヶ月目の赤ちゃんの平均体重近辺の重さだそうです。イメージがつきやすいでしょうか?・笑

IMG_043712.JPG続きまして36V60A、当社オリジナルのバッテリーです。こちらは1つのバッテリーで36Vの電圧を蓄積しております。

重さは22.5kg  (鉛バッテリー12V105Aだと / 24.3kg×3台=72.9kg) と差が50.4kgとなります。

このように、リチウムバッテリーは軽く作れる事はボートでの使用に大きなメリットになると思います。

50.4キロはガソリンの比重から考えると約69リットル分の重さと同じ計算となります。(比重730で計算しました。)

ガソリンの残量でもパフォーマンスに左右される繊細なバスボートだからこそ、積載の重さは重要なはずです。

そして安全性について。

リチウムバッテリーが爆発したニュースでも流れますよね。だから心配なんて方も多いはずです。

一口にリチウムバッテリーと言っても、色んな種類が存在します。

コバルト酸リチウムやマンガンリチウム、ニッケル酸リチウム、三元系リチウムやリン酸鉄リチウムなど。

この中でも特に安全を重視した「lifepo4」と言うバッテリーを採用しています。発火や爆発の恐れがあるガスが発生しません。

安全性システムも内蔵された設計です。

当社でも、もちろん実際にボートでの使用をテストしました。

「使った感じ、どんな感じ?」なんて方や、もっと詳しく!!なんて方は是非お問合せ下さいませ。

ついに完成しました!

価格やリチウムバッテリーの種類については当社HPでご確認頂けます。

http://www.proshopks.com/boat/lithiumbattery.html

是非、ご検討下さいませ!